拝啓約束の国

当時やり損ねたゲームをやってみます

◆ プロフィール

  Litt

Author:Litt
画像はパラダイムシフト様から

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 月別アーカイブ

◆ 最近のトラックバック


◆ 概要

テーマは「当時やらなかったスーファミなどのソフトをやりたい」
要するに初プレイのプレイ日記です。
原則攻略サイトなど禁止!
左メニューのカテゴリを選択すると
該当のプレイ日記が古い順に表示されます。


◆クリア済◆
⇒ドラゴンクエスト3
⇒ライブ・ア・ライブ
⇒MOTHER3


◆現在更新中◆
聖剣伝説2
ロックマン特別企画
ディシディアファイナルファンタジー(!)
 


コメントも気軽に残していってくださいね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
MOTHER3を終えて
いやはや。

始めてみるとあっと言うまでした。
特に冒険の目的が明確になった後は、
自分でも驚くほど夢中になっていました。

それでは恒例の感想に参りましょう。
ネタバレを含みますので、一応注意をば。




そうですね、よく言われる通り
MOTHER、MOTHER2とは少し異なる作品でした。
その違いっぷりが批判の対象なのかしら。
俺は2と3しかやったことないのですが、
違う要素ながらも、3を凄い好きになりました。


▼町が少ないこと(冒険の舞台の狭さ)
これは疑問に思っていました。
2では新たな街に胸を躍らせたものです。
しかしこれは、物語の裏に隠れた核心に関する
伏線だったんですね。
ノーウェア島が唯一残った島であったと・・・。


▼家族の存在
おかあさんは、「家に帰ると好物のこんだてをつくってくれる」
「やすらぎの家」の象徴でした。
MOTHER2ではホームシックになったりもしました。
そのおかあさんが序盤でああなるとは、誰も思わなかったでしょうね・・。


▼章仕立てのストーリー
確かに行動制限などがあったり
操作キャラが変わってしまうこともあったけど
物語が収束する、という点では
それぞれの立場から見られてよかったなと思います。

▼音楽
相変わらずマザーシリーズは音楽がいい!!
特にメインテーマ「愛のテーマ」が
所々でアレンジされて使われていました。
愛のテーマは反則だわ・・・。ほんと。

こちらで公式に視聴することができますので、是非一度聞いてみてください(ページの下の方 「MOTHER3 テーマ曲ダウンロード」)


戦闘BGMにしても、敵によって豊富なBGMですしね。
サウンドバトルも、戦闘を飽きさせない魅力のあるシステムでした。
戦闘中はノリノリです。(きもい)


▼すっごく泣いたよ!
もうね。なんというかね。
「我慢フィルター」を解除しておいたので
純粋に涙がつつー、と流れましたね。
6章(ヒマワリ)と、最後。

MOTHERのラストバトルは、演出が神がかりすぎるわ・・・。
MOTHER2でも鳥肌物でしたからね。

▼糸井節が最高
街にいる一人一人
ただの一般人一人一人が
もうセリフで個性を出しまくりw
RPGでありがちな「看板の役目」ではなくて
本当に生き生きとしたセリフが素晴らしい。
そして純粋に「はい」「いいえ」の選択肢も
「ここは はい だな」と思ってもいいえにしてしまうのがマザーワールド。
リアクション一つ一つが、もうわくわくしてしまう。
くすっと笑ってしまうんですよね。
MOTHERシリーズの魅力です。間違いなく。


はー。終わってしまった。
当ブログ三作目にしてGBAという問題作(笑)でした。
でもきっと、見損ねていた要素を探してもう一度やろうと思います。
小ネタが本当に多いんだマザーシリーズは・・・!!


まあ、これからもスーファミだけでなく、
「やり損ねた名作」をテーマにやっていこうかな。

次の作品はスーファミと決めていますけどね。


ま、エンディングでドアノブを手に入れたことですし。
次のゲームへの扉を開くことにしますか。


それでは次回作でお会いしましょう!
ボンボヤージュ・アミーゴ!
スポンサーサイト

深月きつね
はい、お疲れ様でした!

この作品は言葉が優しくていいですよね。
ひらがなだからじゃなくて、言葉の節回しが解りやすくて。
壮大な冒険だからといって難しい言葉や、
難しい設定を付け、映像のクオリティで誤魔化す
最近のゲームに見習わせたいですね…。

ではではまたプレイ日記楽しみにしています^^
2008/06/21(土) 11:14:57 | URL | [ 編集]
Litt
ファンタジーやそういった世界観もいいのですが、マザーシリーズは日常に近い雰囲気を街も人も醸し出しているので、何か暖かみがあるんですよね。

凝ったクオリティも確かにいいものだけれど、そこに容量を使わなくても、人を楽しませて、感動させられる可能性をもっと追求してほしいです。容量に限界があったハードだからこそできる作品なのかもしれませんね。

コメントありがとうございます。これからも応援よろしくおねがいします。
2008/06/21(土) 21:24:35 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログランキング

参加してみました。
もしよければ1日1回ポチっと

FC2ブログランキング

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ ブログ内検索

◆ FC2カウンター

◆ RSSフィード

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2006-2007 拝啓約束の国 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。